Home > すずなりの作物 > 有機JAS作物

すずなりの作物
トマト

トマト

出荷時期 冬レタス・夏ミニトマト
栽培面積 0.07ha

有機JAS作物への思い
~有機JAS作物へ~

思い入れ
今年は、冬にレタス、夏にミニトマトの栽培を挑戦することになりました。有機JASを始めたきっかけは、「有機でつくった野菜はホントにおいしいか確かめたいこと」と「有機の肥料の効き方の勉強」この2点を自分の目で確かめてみたかったからです。昨年作ったミニトマトは有機で作ったのに今一歩の味に感じ有機で作ってもあまりおいしくならないのでは?と感じるようになってしまいました。そこで、今年は作りなれているレタスで味を追求するレタスを作ってみました。今年24年2月5日びっくりするぐらい大玉で甘いと感じるレタスができました。やはり有機はすごいと感じました。今年はもう一度おいしいトマト作りに挑戦します。

有機JAS作物種まき ~がんばれ有機JAS作物~

思い入れ
有機質肥料をまき水をまいて種を落と生命の誕生が始まる。種をまくと初めて出てくるのは根。この根を一番良い方法で伸ばして上げれる土を用意してあげる。俺達が手助けできるのはこのぐらいかな?

有機JAS作物生育 ~見守るオレ達~

思い入れ
人間も同じだけれど外見を見るのではなく中身(心)を見てあげるのが俺達の役目。上を見るのも大事だけれどもっと大事な心(根)をみてあげる。「がんばれいい根張ってるぜ。真っ白な純白の心そのものだぜ。絶対おいしくなるよ。」

有機JAS作物収穫 ~がんばったねトマト~

思い入れ
それぞれ形は違うけど、健康に育った体をしています。

出荷 ~有機JAS作物旅立ちの時~

思い入れ
自信をもって嫁にあげられるよ。1つも残さず嫁に出すから心配するなよ。元気に育ってくれてありがとう。

有機JAS作物を食べていただく方へメッセージ ~ありがとう~

思い入れ
私たちもおいしいと感じました。納得していただけると思いますが、農家の成長はお客様にあると思います。いいこと悪いことすべてを教えていただけるとありがたいです。今後もお客様のおいしいと言う笑顔を求めて日々努力してまいります。

俺達の有機JAS作物のおいしい食べ方

とにかく味付けなしでそのままの自然の味を味わってほしいです。私たちの作っている姿が映しだされると大変うれしいです。

ページの先頭へ